大会内容と申し込み

第63回 全国地理教育研究会 東京実践女子学園大会のご案内
1.期  日  平成30(2018)年7月26日(木)~27日(金)

2.会  場  実践女子学園中学校高等学校

〒150-0011 東京都渋谷区東1‐1‐11  TEL:03-3409-1771

3.大会テーマ 地理総合とGISを考える

4.主  催  全国地理教育研究会
  共  催  東京私立中学高等学校地理教育研究会  東京都地理教育研究会
  後  援  文部科学省(予定)  東京都教育委員会(予定)

5.大会参加費 会員・非会員 3,000円 学生1,500円(GIS研修会または都内巡検参加費込み)
        懇親会費(大会1日目夕方実施) 4,000円

6.参加申込方法 
 今大会より、皆さまのパソコンやスマートフォンから全地研のサイトにアクセスしていただき、事前に参加申請をお願いいたします。特に大会2日目(7/27・金)午後のGIS研修会(南大沢・首都大にて実施)は、会場や準備の都合上、当日の追加申し込みはお受けできかねますので、必ず事前に参加申請をお願いいたします。
なお、大会参加費・懇親会費については以下の口座に振り込んでくださると事務処理的に助かりますが、当日これらについては当日会場でのお支払いでも結構です。ただし、懇親会については、当日キャンセルはできませんので、欠席の場合は前日昼までに大会事務局までメールにてお知らせ願います。

(お待たせしました。↑ボタンより申し込みができます。)

7.参加費振込先( 7月23日 (月) までにお振込みくださいますようお願いいたします。)

   銀行から振り込む場合
      銀行名:ゆうちょ銀行  
      支店名:0一九(ぜろいちきゅう) 
     預金種目:当座   
          口座番号:0780172    
     口座名義:全国地理教育研究会(ゼンコクチリキョウイクケンキュウカイ)

   郵便局から振り込む場合
     振込取扱票(青い用紙) 00100-2-780172 
     全国地理教育研究会(ゼンコクチリキョウイクケンキュウカイ)


8.日  程  
 7月26日(木)〔1日目〕 研究発表、シンポジウム、総会、懇親会
   9:30~       受付
  10:00~10:30  開会式
  10:30~12:00  文部科学省 視学官 教科調査官(地理)
               濵野 清 先生のご講演
  12:10~12:40  全国常任委員会
  13:30~16:30  シンポジウム 
      テーマ 「地理総合の必修化の様々な問題点をどう克服していくべきか」
      コーディネーター 大伴 一成 先生(東京都立西高等学校)
              金田 亜妃子 先生(東京都立墨田川高等学校)
      パネリスト
          五十嵐 和也 先生(東京都立保谷高等学校)
          井上 明日香 先生(神奈川県立川崎高等学校)
           柴田 祥彦 先生 (東京都立国分寺高等学校)
           西野 真夫 先生 (富山県立高岡高等学校)
  16:30~17:00  総会
  17:30~       懇親会

 7月27日(金)〔2日目〕 研究発表、講演、GIS研修会または都内巡検(事前申込制・選択)
   9:00~10:00 研究発表
  10:00~11:00 国土地理院の方による地理院地図デモンストレーション
  11:00~12:00 NPO法人伊能社中 代表田村賢哉氏によるワークショップ
 

9.GIS研修会 または 都内巡検 (2日目午後)

【GIS研修会コース】
 午後のGIS研修会にご参加される方は、必ず事前申し込みをお願いいたします。

 HPでお申し込み後、「参加可能」との連絡を受けましたら、

 大会二日目の午後に、各自で京王相模原線南大沢まで移動願います。【残り若干名】 7/4現在更新

  14:00~16:45 首都大学東京 南大沢キャンパスにて GIS研修会
  16:45~17:00 首都大学東京にて閉会式

  講師  中山 大地先生(首都大学東京)
  定員が約30名ですので、大会参加申し込み時に参加表明をお願いいたします。

 ※ GIS研修会コースへの参加にあたり、PCなどの持ち込みは不要です。

 ※ 作成したデータをお持ち帰りいただくためにも、

   USBフラッシュメモリをご持参いただくようにお願いいたします。

GIS研修会の内容(予定) クリックで開きます

1. GISデータ作り
・アドレスマッチングによるデータ作り
・地理院地図を使ったデータ作り
・スマホのGPSロガーを使ったデータ作り
2. 作ったデータをQGISでまとめる方法
・QGISでの地理院地図の表示
・フリーデータのダウンロードと表示
・作ったデータの重ね合わせ表示

                        当日の参加申し込みは、まず無理かと思われます。


【都内巡検コース】

 案内者 柴田 祥彦先生(東京都立国分寺高等学校)

 13:30 山手線大崎駅南改札口外集合

 17:00 京浜急行青物横丁駅にて解散 予定

 

都内巡検コースの詳細(クリックで開きます)

物流博物館と富士塚「登山」巡検
案内者 柴田祥彦(東京都立国分寺高等学校)

参加料 無料 集合場所の大崎駅までの交通費は各自でご負担願います。

13時30分 山手線大崎駅南改札口外集合(大崎までの交通費は各自でご負担願います)
  大崎地区再開発地区、高輪の高級住宅街を歩いて
14時00分~15時30分 物流博物館(入館料は大会会計から支出いたします)見学
     学芸員の解説と共に、物流に関する映像をご覧いただきます。
16時00分 立会川の品川神社の富士塚に「登山」。
17時00分 旧東海道を散策後、京浜急行青物横丁駅にて解散
 雨天荒天時も決行しますが、その場合はなるべく雨に濡れないように
 富士塚「登山」は中止し、容器文化博物館など屋内施設見学を増やすように
 適宜コースを改変いたします。

渋谷から品川にかけての地域は、洪積台地の山の手を渋谷川や目黒川が侵食し
複雑な地形を形成しています。かつて大崎駅前の沖積低地には河川交通や水車動力を利用した
工場が多数立地していましたが、大崎駅周辺は副都心指定されたこともあり、
再開発され、今はすっかりビジネス街へと変貌しました。
一方山の手は昔より高級住宅街を形成しており、大使館なども立地しています。
今回の巡検では物流博物館を学芸員の解説をうかがいながら見学し、
かつての物流の様子写した記録映画(30分)を鑑賞します。
そのあとは台場建設によって人工的に開削された地形を見ながら、
立会川駅前にある品川神社の見事な富士塚に登山したあと、旧東海道を散策いたします。

               

 

10.懇 親 会(1日目終了後)  会場:南国亭(渋谷駅前店)  会費:4,000円

11.大会事務局  東京・実践女子学園大会・大会事務局  
    柴田 祥彦(東京都立国分寺高等学校) 〒185-0004 東京都国分寺市新町3-2-5 
    TEL 042-323-3371 FAX 042-325-9833 e-mail Yoshihiko_Shibata@member.metro.tokyo.jp